スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越しプロレス

今年も年越しは、後楽園ホールで過ごしました。
5年連続というもの日常生活の一つになりつつあります。

さて、今回注目したカードは、第5試合 史上初!レフェリー7人体制マッチと
第6試合 ジュニア8人タッグマッチです。

第5試合 史上初!レフェリー7人体制マッチで気になったのは、
誰がレフェリーをするのかが気になっている。
個人的には、全日本の和田レフェリーとノアの西永レフェリーが登場し、
夢の師弟コンビが一緒にレフェリングを見れると想像しました。
レフェリーが入場するとノアの西永レフェリーがいない代わりに、
佐藤さんがいた。ボディーチェックからレフェリーの連帯が不安でなり、
試合中でも、ルールの解釈が異なっているのは、びっくりした。
試合が進むと、日韓レフェリー以外に誤爆して、彼女が倒れたのは、
腹筋が壊れるほど笑った。その後登場した、和田京平さんが登場したのは、
しびれました。これほど、沸かせるレフェリーは、和田京平さんしかいないと思いました。
後、一番おいしいところを持っていった松井レフェリーである。
和田さんが怒っている姿をみられたのは、良かったです。

第6試合は、ずっと稔選手を見ていました。だって、その試合に出ている選手と
オーラが違いすぎる。それに加え、お客を沸かすことには、一番分かっている。
技をかけている姿、コーナーで待っている姿は、おいかけてしまうのです。
この対戦を通して、この姿を学んで欲しいです。

後、全試合の終了が選手集合写真を撮影していたときの佐藤ヒカル選手は
とても面白い行動をしていました。サインボールをゲットしました。
大日本プロレスの沼澤選手をゲットしました。
とても良かったです。また、参加したいと思います。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

kyanpi

Author:kyanpi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。